茹で汁の思い出

2015.02.07 00:32|ネルの話


写真は昨夜の鶏肉の茹で汁。
茹で汁には思い出がありまして。。。

だらだらと長い話になるので
この先はお暇な方だけお付き合いください。

以前、ノラの雄猫を慣らして、
ウチの子として面倒みていたのですが、
(古いネット友さんはご存知の猫、ネルです)
その子は尿路結石と腎不全を患っていて、
人間ならば透析が必要な状態で、
でも猫は透析が出来ないため
定期的な点滴で透析の代用をし、
通常以上のの水分摂取も必要で、
状態が良くない時は毎週、
安定している時でも2~3週間おきに医者に通って点滴してもらい、
水分摂取は、猫はそんなにガブガブとは水を飲みませんので
結石に配慮しつつなるべく水分量の多い餌をと
苦労したことがありました。
その時、獣医さんが
「鶏肉は石が出来るから食べさせちゃダメだけど
茹で汁ならいいよ」と教えてくれたのです。
試しに作って冷ましたものを出してみれば
美味しそうにいっぱい飲んでくれました。
それからは毎日のようにササミを茹でて、
私は茹で汁を作りました。
本当は大好きなササミの方が喜ぶのに。
あげることの出来ないササミは私が食べました。

猫、亡くなって、今日でちょうど7年になります。
推定14歳
腎臓が悪く猫エイズのキャリアを持つ子でしたが、
逝った原因は深い喧嘩傷でした。
夜だけ家に入ってくる外猫にしては、長生きでした。

ノラだったのに姿を消すことなく
布団の上で抱いて最期を看取らせてくれて、
お骨になって、庭の隅に落ち着いて。
精一杯可愛がって
出来る限りのことをしてあげたけど、
昨夜、ふと思い出して
久しぶりに茹で汁を口にしたら、
あの時、こんな茹で汁なんかじゃなく
お腹いっぱい好きなササミを食べさせてあげたかったな、と
不覚にも涙が滲んでしまいました。

湿っぽい話をしてすみません。
m(_ _)m

湿っぽいけど懐かしい
私と猫ネルとの思い出の話でした。

web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

金鳳花

Author:金鳳花
 みずがめ座 B型
 高い所は苦手
 甘いものが大好き
 合唱・陶芸・手芸
 ガーデニング
 専業主婦

最新記事

カテゴリ

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ