--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


web拍手 by FC2
2010.06.30 23:52|お出掛けとか、旅行とか
普段でも家の狭いお風呂より銭湯とかの大きなお風呂が好きなんですが
温泉などに来ると、更に拍車が掛かります。
今回も居眠りやらTVやらの夫を部屋に残して、時間が出来ればひとりで湯殿めぐりなど。
それがいいんですよ~~。
せっかく温泉に来てるのにTV~?とか、
風呂ばっかり入ってふやけちまうぞ、なんてお互い言いません。
自由な時間はそれぞれ思うままに過ごす。それでいいんです。
で、気持ちの方向が一緒になったときは、仲良く一緒に。
一人じゃ寂しいときは声掛けるけど、
日常を離れて日頃の疲れを癒しに来てるんですから
それも互いの嗜好を知り尽くしてる夫婦、自由に気の向くままです。


2日目の朝、私は5時頃目覚めまして、早速お風呂(笑)
そして、のんびり浸かるにはやっぱり露天風呂。
熱った身体を風に冷ましながら出たり入ったり。
朝の貸切状態の大きな岩風呂で瞑想(妄想^^)にふける時間は最高でした。
腹ペコで出てきた風呂上りのコーヒー牛乳は美味しかったです~~。

さてさて、朝食は和食と洋食のどちらかを選びます。
で、私たちは洋食を。
P1030638_convert_20100701061243.jpg P1030639_convert_20100701061341.jpg
P1030640_convert_20100701061556.jpg P1030643_convert_20100701061838.jpg P1030641_convert_20100701061707.jpg
どれも美味しくて、量もたっぷり。
飲み物は絞りたて生ジュースとコーヒーと名産の ぐり茶 がつきました。

朝食後は部屋に戻って、帰りに立ち寄るところを考えたり、
私はまたお風呂浸かりに行ったり、その間夫はまた寝てたり。
11時のチェックアウトまで、
静かで素敵で落ち着いた宿のなかでのんびり過ごしました。

修善寺を離れる前に、お土産と昼食を。

お昼は事前に調べて楽しみにしていたロマン亭のビーフシチュー。
P1030649_convert_20100701091955.jpg
夫がビーフシチューが好きでね。
どこか行くたび、その地の美味しいビーフシチューを、です。
濃厚なソースだけどしつこくなくて、お肉が溶けそうなくらい柔らかかったわ~~。

昼食後は帰宅の道へ。
途中で立ち寄ったのは、柿田川湧水群。
そこで富士山の湧き水をいただいてきました。
柿田川の湧き水は凄かったですよ!
市街地の真ん中からいきなりこんこんと水が湧き出て、そこから川が出来てるんです。
デジカメで動画を取ったけど、上手く写せなかったので
動画サイトで見つけたのを貼っておきましょうか・・・

柿田川湧水群
でも、実際に見ないとあの感動はないと思います。

その後、沼津港で干物などを買って、
暗くなる前に帰宅しました。
夜には娘も沖縄から無事帰宅で、
お土産と土産話が居間に溢れました~~


と、今回ののんびり夫婦旅行はこんな感じ。

長々とくだらない話にお付き合いくださり、どうもありがとうございました~~。
スポンサーサイト


web拍手 by FC2
2010.06.27 23:58|お出掛けとか、旅行とか
梅雨の真っ最中で雨降りを覚悟していましたが、
2日とも晴れ時々曇り。お天気は恵まれました。

夕食の前に修善寺の町をお散歩。
P1030535_convert_20100627230453.jpg P1030563_convert_20100627230949.jpg P1030565_convert_20100627231316.jpg
素敵な館内も少しだけ。
P1030544_convert_20100628011833.jpg P1030551_convert_20100627230147.jpg


戻ってきて少しするとお待ち兼ねの夕食の時間に。
後からこれも配慮のひとつと気付くのですが、私たちは個室でした。
席について飲み物を注文したあと、女将がご挨拶にいらしゃいまして
来館のお礼と共にお祝いの言葉とこのようなものを。。。
P1030585_convert_20100628012553.jpg
予約の時に結婚20周年の記念で、と備考欄に書きはしましたが、
そういう記念日プランではなく、格安な別プランを選んでいるわけですし
配慮の期待はゼロではないけど、まさかこんな温かいお気持ちをいただけるとは
思いもよらず、とても感激してしまいました。
(中身は宿の名の入った南天の長寿箸でした)


さて、お料理ですが、説明しきれないので写真だけ。
とても美味しく量も多く充分なものでした。
P1030584_convert_20100628014013.jpg P1030587_convert_20100628013841.jpg P1030588_convert_20100628014113.jpg
P1030591_convert_20100628014240.jpg P1030594_convert_20100628014351.jpg P1030596_convert_20100628014454.jpg
P1030598_convert_20100628014605.jpg P1030599_convert_20100628014837.jpg
上は私が食べたもの。
お料理のうちいくつかは選べるので、夫は洋皿とご飯は別のもの
P1030593_convert_20100628023725.jpg P1030597_convert_20100628023856.jpg

料理の写真はむずかし~~実物はもっと綺麗な色です。


それからはまたお風呂三昧。今度は大浴場めぐり。
P1030605_convert_20100628015736.jpg
風呂上りのヤクルトはサービスよv(翌朝は牛乳とコーヒー牛乳になっていました)
平日だからか、お風呂はガラガラか貸切状態で
無料のマッサージチェアに長々と座ってきました。

夜10時に夜鳴きそばが無料で振舞われます。
P1030611_convert_20100628015006.jpg
一人一杯ずつでは多いので、二人でひとつ。

夜の館内も素敵です。
P1030603_convert_20100628021425.jpg

この奥の喫茶室ではお茶やコーヒーが自由に飲めます。
P1030553_convert_20100628023040.jpg
うーん、至れりつくせり。


翌日の朝食と、他の話は別記事にて~







web拍手 by FC2
2010.06.27 22:53|お出掛けとか、旅行とか
クチコミの評価の高い宿を選んだのですが、正解でしたね。
期待を裏切られるどころか、思ってもいない気遣いも頂いて
とても良い時間を過ごせました。

お菓子とお茶をいただきながらチェックインの後、まずは浴衣を選びます。
P1030635_convert_20100627182437.jpg
何色にしようか、迷います~~。
P1030636_convert_20100627182640.jpg
で、私は緑を。帯はエンジで。
ピンクや紫を選んでる方が多かったかな?

その後、館内の説明を聞きながら案内されたお部屋は本館2階の梅の間でした。
P1030577_convert_20100627183937.jpg
和室次の間付き。広縁まで畳敷きで、細長いけど部屋と言っても良いくらい。
P1030561_convert_20100627223853.jpg
離れではないけど角の奥まったところにあって、別部屋の気配はまったく感じられず。

P1030556_convert_20100627184138.jpg P1030555_convert_20100627183819.jpg
このお部屋は「漱石の間」という名もついていて、あの夏目漱石が泊まったお部屋とか。
宿泊客のいない日は自由に見学できるようになっているようです。
当時の建物は別の場所に移築されて、今あるものは同じ場所に再現されたもので
水周りは今風になっていますが、それ以外はなんともレトロ。

P1030628_convert_20100627184740.jpg P1030560_convert_20100627185223.jpg P1030580_convert_20100627185608.jpg P1030622_convert_20100627185346.jpg

窓も窓枠もすべて昔の木製。鍵は懐かしいネジ式で。
風が吹いたらがたがた音がうるさそうな(笑)
でも、写真では上手く撮れませんでしたが、
昔の手すきガラス独特の表面の波打ちが温かくて綺麗です。

こういうお部屋に泊まりたかったのーーー!!
妙になまめかしいので写真は出しませんが、寝室はツインのベッドなので、
仲居さんが来たりはしません。
老舗旅館の丁寧な接客はそのままに、この現代風の気楽さは良いです。


荷を置いてすぐに、まずは貸切露天風呂へ。
予約制ではないのですがタイミングが良かったのか滞在中2つとも入れました。
P1030536_convert_20100627222416.jpg

P1030543_convert_20100627223040.jpg こちらに入ったのは2日目の朝。

その後、食事までの時間は修善寺の街をぶらりとお散歩へ。
今回私は浴衣を持参していまして、宿の浴衣ではなく夕食後まではこちらを着ました。
そういう方いませんから、目立ちましたよ。
P1030574_convert_20100627224735.jpg
せっかくなので二人で。

で、次は宿の最大のお楽しみ。夕食の時間vvv

それは別記事にて。


web拍手 by FC2
2010.06.26 18:46|お出掛けとか、旅行とか
さてさて、何からお話しましょうか。

今回夫婦で旅行~と思いついたのは、
娘修学旅行の間にまた、というのと
(一部の方にはバレてましたが2年前の修学旅行のときに実は内緒で二人で箱根に行ったんです)
結婚20周年の記念に(今秋で入籍から丸20年)というのもありました。

行き先をどこにするかは、温泉地で、移動距離がなるべく短く、
観光より宿を楽しみたい。ゆっくりのんびりちょっと贅沢に、
というのが私の希望で、そうなると、我が家からは箱根か伊豆か・・・
箱根は前に行きましたから、じゃぁ今度は伊豆でとなりまして、
伊豆なら、前々から行ってみたいと思っていた宿がありまして・・・

ということで、今回お世話になったお宿はこちら。

修善寺温泉 湯回廊 菊屋

あの夏目漱石が修善寺で胃潰瘍で倒れたとき(修善寺の大患)に泊まっていたお宿です。
それから今年は丁度100年目とか。。。

で、ですね。

その夏目漱石が宿泊初日を過ごしたお部屋に泊まれたのです!


話が長くなるので続きは別記事に~~

web拍手 by FC2
2010.06.23 07:02|ガーデニング
そろそろ採ってもいいかな?
P1030481_convert_20100623070013.jpg
今日の晩御飯の付け合せになる予定。

web拍手 by FC2
2010.06.20 16:39|ガーデニング
お隣さんからいただいたカラーが咲いて。
P1030458_convert_20100620162057.jpg
ココだけの話。
余り好きな花ではなかったのですが、(花芯の形状が ^^;)
株分けしたのを鉢に仕立ててくださって「どうぞ~」と言われれば断れずに・・・
でも、咲けば綺麗なピンク色。梅雨の庭を彩ってくれます。
覗き込まねば可愛いので眺めて愛でています。

こちらはだるま萩。秋だけでなく初夏にも咲くのよ。
P1030461_convert_20100620162200.jpg

時々雨の降るお天気続けば、野菜への水遣りはしませんから
目が行き届いていませんでしたね。
P1030463.jpg
きゅうりがラティスの向こう側に行っちゃて、すっかりお馬鹿さんな大きさに。
P1030465.jpg
普通の大きさのと比べれば、大きさお分かりになるでしょう。
こうなると美味しくないの~~。(でも食べます)

web拍手 by FC2
2010.06.17 14:48|ガーデニング
苗植え付けから1月半で収穫は茄子ときゅうり。
P1030443_convert_20100617142901.jpg  P1030447_convert_20100617143147.jpg
ナスはもう1個あって2個収穫。今年の株は良さそうv

P1030445_convert_20100617143001.jpg
トマトも生長中。。。こちらはイマイチかも。

P1030448_convert_20100617143207.jpg
パプリカの花が清楚。

P1030449_convert_20100617143234.jpg
インゲンの花は可愛いです。

もっと綺麗に撮りたいのにな。
カメラの限界か、私の腕前か。(多分腕)

web拍手 by FC2
2010.06.14 23:56|合唱のはなし
合唱。
歌いたいと思っていた曲を歌うことになると
自主練もさらに意欲湧いて、
音取りさほど難しくありませんが、音源(MIDI)作ろうかと・・・
でも昨年のコンクール課題曲だから、あるかな~と探したらありました。

YELL (女声3部合唱) 

各パートのも見つけて、これなら充分。作る必要ないね!

下は私の歌うメゾパート。

YELL メゾパート by 初音ミク

こっちはミクちゃんが歌ってて可愛いの~。

この曲、いつの本番に使うのかな?
まだ決まっていません。(多分)

web拍手 by FC2
2010.06.12 11:28|ガーデニング
昨年に引き続き、今年も。
昨年の倍以上の実をつけました。
P1030439_convert_20100612110133.jpg

程良いくらいになったものから収穫。
まだ早いものは木に残したまま、後日に。
P1030440_convert_20100612110200.jpg

実は店に並ぶものの半分くらいの大きさ。
でも美味しさは負けてない。いや、
期待以上だから、勝ってるかも。

web拍手 by FC2
2010.06.12 11:15|*Handmade*Homemade*
今年は豊作のゆすら梅。
400gも採れたので、ジャムにすることに。
P1030433_convert_20100612110007.jpg

レモン汁大さじ1弱とお砂糖160g(40%)をまぜて鍋で火にかけて。
軽く火が通ったくらいのところで、冷まして1粒づつ種を取り出して。
半分はミキサーでなめらかに、半分は粒にまま。
さらに煮詰めて。

出来た☆ ゆすら梅のジャム。
お味は駄菓子屋で売ってる梅ジャムとほぼ同一。
アチラの赤は食紅だけど、これは天然。
結構美味しい。
P1030435_convert_20100612110058.jpg


web拍手 by FC2
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

金鳳花

Author:金鳳花
 みずがめ座 B型
 高い所は苦手
 甘いものが大好き
 合唱・陶芸・手芸
 ガーデニング
 専業主婦

最新記事

カテゴリ

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。